当院の診療対象動物は犬・猫です。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

098-930-2222

診療内容・手術について

腹腔鏡手術(内視鏡外科手術)

現在の動物たちへの内視鏡検査、手術の適応

診断を目的とした内視鏡検査

肝生検・胆管系の評価、胆汁の採取・腎生検 膵生検・脾生検・副腎生検・腸生検・卵巣、子宮の評価・膀胱、前立腺の評価、生検・尿管からの尿の漏出の評価・門脈造影・肺生検・心嚢膜生検・胸膜、腹膜の生検・胸腔、腹腔内の腫瘍の生検

治療を目的とした内視鏡手術

卵巣子宮全摘出術(避妊手術)・停溜睾丸摘出術・予防的胃腹壁固定術・膀胱結石摘出術

腹腔鏡手術とは?

● 従来であれば、胸やお腹を大きく切らなければできなかった手術を3mm~1cmほどの数箇所の小さな傷で行う手術のことをいいます。
● 3mm、5mm、10mmなどの太さの内視鏡をトロカーといわれる手術器具を通して体の中に挿入し、テレビモニターに映し出された画像を見ながら胸やお腹の中で手術を行うものです。
● これらの手術には、高度な技術が必要となり、内視鏡外科手術についての基本的な知識やルール、正しい適応を行うことによって初めて安全な手術を行うことができます。
● 内視鏡外科手術の最大のメリットは、傷が小さく痛みが少ないことから、術後の回復が早く、動物たちの身体に負担が少ないということです。
● 反対に、未熟な技術で行うことによって、重大な事故を誘発する危険性を持ち合わせています。そこで、技術や知識を蓄積するために獣医内視鏡外科研究会に所属し人医の腹腔鏡手術におけるトップの先生方から指導を受け日々研鑽しています。

腹腔鏡下手術の基本的な手順

1.開腹手術と同じように麻酔を行い、毛刈り、消毒を施します。
2.お腹の中に二酸化炭素ガスを用いて気腹(お腹を風船のように膨らませる)を行います。
3.トロカー呼ばれる筒状の器具をお腹の中に刺入します。
4.トロカーを介して、内視鏡手術専用の細長い内視鏡、鉗子などを挿入し手術を行います。
5.手術が終わったら、気腹を解除し、傷の縫合をして手術を終えます。

腹腔鏡下手術の基本的な手順

内視鏡手術のメリットとデメリット

【メリット】
● 小さな傷で手術を行うことができる
  ・術後の痛みが少なく、動物の回復が早い
  ・入院期間を短くすることができる
  ・術後の呼吸器合併症が少ない
● お腹の中の湿潤環境を保つことができる
  ・胃腸の回復が早い
  ・手術後の癒着が少ない
● 拡大された鮮明な画像を得ることができる
  ・繊細な手術を行うことができる
  ・開腹手術では難しい領域へのアプローチを内視鏡下で鮮明な画像を見ながら繊細な手術を行うことができます
  ・手術中の情報を共有することができる(腹腔内の観察が出来る)

【デメリット】
● 熟練した技術が必要となる
● 手術時間が長くなる傾向にある
● 機材を要するので、費用が高くなります

内視鏡外科手術の今後

 開腹内視鏡外科手術の適応となるのは、開腹手術と同等以上のメリットが得られる時です。
人医療では、身体に優しい手術法として様々な分野で主流となりつつあります。しかし、動物医療において応用的な内視鏡外科手術は、ごく一部の施設において行われている現状です。今後、より動物達の身体に優しい手術を行うために、内視鏡外科手術の発展に期待し、当院でも日々知識と技術の向上に努めていきます。

ドクターシフト
アクセス情報
獣医師募集
当院では各種クレジットカード Edy等をご利用いただけます。
アイペット、アニコムのペット保険がご利用いただけます。
当院ではハロペを採用しカルテの管理をおこなっています。
english page